メイン | 2007年01月 »

2006年12月 アーカイブ

2006年12月14日

やっと書き始めました

 父が亡くなって早6年が過ぎようとしています。高校卒業後関東地方で約30年間過ごした私は、父の体力が低下した約7年前にこの安芸津に戻ってきました。帰ってきた当初は都会が懐かしく、東京に行く度に生き返るようでした。しかし、最近やっと安芸津町の住民に近づいた気がします


 

続きを読む "やっと書き始めました" »

2006年12月17日

大クリスマス会

12月15日金曜日、社会福祉協議会安芸津支所主催のクリスマス会に参加して来ました。ボランティアさん達を含めると総勢約200名の参加ということで、広い部屋も狭く感じるほどでした。

xmas1.JPG

続きを読む "大クリスマス会" »

2006年12月18日

劇団あらむの事

12月16日(土曜日)劇団あらむ2006冬公演「月とランデヴー」を観てきました。

aramu1.JPG

続きを読む "劇団あらむの事" »

2006年12月19日

メタセコイヤ文化祭

 安芸津町では、毎月のようにさまざまな催しがあります。このメタセコイヤ文化祭では、風早小学校の校庭に植えられているメタセコイヤの木をイルミネーションで飾ってあり、また、屋内運動場には生徒さん達の作品や地域の人達の沢山の作品を展示してありました。
                P1020244.JPG

続きを読む "メタセコイヤ文化祭" »

2006年12月21日

夕暮れの安芸津

yuugurenoakitu3.JPG

続きを読む "夕暮れの安芸津" »

2006年12月22日

安芸津の医療

今日は「安芸津の医療」について少し書きたいと思います。

今年の9月までは、県立安芸津病院と3軒の開業医でどうにか頑張ってきました。
開業医の仕事は日常の診療以外に、往診・学校医・産業医・介護保険の審査員・その他雑用があり、3軒の開業医では到底無理なため、県立安芸津病院の先生方の協力によりこれらの仕事をどうにかこなしてきました。

10月に入り内科の小野先生が開業してくださったので、これで開業医がどうにか4軒になりました。
まだまだ問題はありますが、安芸津の医療もやや充実してきた気がします。

続きを読む "安芸津の医療" »

安芸津の福祉

安芸津の福祉は最高です。その中心になっているのが、東広島市社会福祉協議会安芸津支所だろうと思います。地域にしっかり根を下ろし、地域住民の中に「社協」の名前でしっかり浸透しています。

続きを読む "安芸津の福祉" »

2006年12月24日

イルミネーション

安芸津の町も他の町に負けないよう、あちこちで頑張っています。

11.JPG

続きを読む "イルミネーション" »

2006年12月26日

はるかぜの家サロン

安芸津町の中の風早東集会所では、毎週火曜日20名くらいの高齢者が集まり、歌を歌ったり、体操をしたり、食事をしたりと、楽しい時間を過ごしています。

今日はこの集会所で開催された、2006年クリスマス会に参加してきました。
今回は応援者さん達も含めると、総勢34名の参加でした。

    1.JPG

続きを読む "はるかぜの家サロン" »

2006年12月28日

授産所 つばさ

知的障害者小規模通所授産施設つばさは、さまざまな事業をやっています。その中でも、リサイクル事業としてのアルミ缶回収は、安芸津町民に広く理解され、協力を得ています。

町の中に応援箱を見つけました。
P1020279b.JPG

続きを読む "授産所 つばさ" »

2006年12月29日

《万葉の里》 安芸津

万葉集には、736(天平8)年に新羅へ派遣される大使安部継麿、副史大判三中ら一行が、風早の浦で船泊まりをした時に詠んだ歌が二首残っています。
それは、旅に出る時に妻から贈られた別れの嘆きを詠んだ歌を思いうかべて、夫が詠んだという歌だそうです。

祝詞山八幡神社境内には、風早の浦で詠まれた歌を刻んだ万葉歌碑と、その歌をイメージして建てられた万葉陶壁があります。

P1020274b.JPG

万葉歌碑はこちら

続きを読む "《万葉の里》 安芸津" »

2006年12月31日

安芸津にもありました

韓国ドラマでも出てくるようですが、安芸津にもハート島がありました。
潮が引くともっと雰囲気が出るのだろうなあ・・・

P1020362.JPG

続きを読む "安芸津にもありました" »

About 2006年12月

2006年12月にブログ「デイケアなんかい」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by